3Dフリーザー®︎の仕組み・特長3D Freezer features

3Dフリーザーとは?

3Dフリーザー®︎
[急速冷却冷凍装置]

食品の品質を保ったまま、素早く冷却する技術。

KOGA 3Dフリーザーは、独自の非貫流熱交換方式(ACVCS)により
食品の水分をほとんど奪わないよう、
湿度を保った冷気で均一に優しく包み込むように急速冷凍します。

3Dフリーザー®︎の構造と原理

3Dフリーザー®︎のメリット

世界で認められた冷凍技術

3Dフリーザー®︎の構造と原理

3Dフリーザー®︎の動作原理

従来のエアブラスト式フリーザーは、乾燥した冷気を高速で食材に吹き付け冷凍を行うため、食品表面の水分も奪っていました。古賀産業の3Dフリーザー®︎は、フィンコイルに風を戻さない非貫流熱交換方式(ACVCS)なので、庫内の高湿度化を実現し食品の水分量を保ちつつ急速冷凍を行うことが可能です。

  • 3Dフリーザーの動作原理
    3Dフリーザー®
  • エアブラスト式フリーザー
    エアブラスト式フリーザー

高湿度冷気[3D冷気]が高品質冷却を可能にする

緩慢凍結では、水が氷になる氷結晶生成温度帯(0~-5℃)の通過速度が遅いので氷結晶が大きく歪になります。それが食品の細胞を破壊し、解凍時のドリップの原因となります。古賀産業の3Dフリーザー®︎では、高湿度冷気[3D冷気]で包み込むように均一に急速冷却するので、氷結晶は小さく歪になりません。さらに、氷結晶が小さいため解凍時間も短縮できます。

  • 高湿度冷気
  • 高湿度冷気
  • 氷結晶生成プロセス

3Dフリーザー®︎のメリット

不可能を可能に、冷凍が難しい食品にも対応

今まで冷凍が不可能とされていた食品も品質を維持した状態で急速冷凍できます。

  • 鮮魚
  • フルーツ

生産や販売調整、商圏の拡大

鮮魚では、漁獲高や価格変動。肉では、部位ごとの販売量の変動。おせち料理などは、販売時期の集中。幅広い分野で高品質の冷凍保存で生産・販売・配送タイミングの調整が可能になります。さらに、冷凍保存で食品のロスの軽減も図れます。

  • おせち料理
  • クリスマスケーキ

食品の安全性を向上

焼きたて・揚げたての高温食品をそのまま投入できるため、予冷が要らず浮遊菌や落下菌の汚染がなく急速冷凍できます。

  • 急速冷却で美味しさも保存
  • 冷風で衣が飛ばされない

冷凍における目減りを低減

KOGA 3Dフリーザー®︎は、高湿度冷気で食品の水分を奪いにくいので、凍結後の目減りが少ないのが特長です。冷凍するために原料を増量する必要がありません。

冷凍における目減りを低減

省エネで高効率な運転を実現

着霜が少ない構造のため、デフロスト(霜取り作業)回数が少なく、従来の冷却装置と比べ長時間の連続運転の効率を向上。ランニングコストを約30%※削減します。 ※冷却・冷凍の食材により変わる可能性があります。

省エネで高効率な運転を実現

洗浄性・衛生的に優れたダクトレス構造

  • 洗浄性・衛生的に優れたダクトレス構造
  • 非貫流熱交換方式(ACVCS)なので、庫内に冷気循環ダクトがなく、清掃作業も簡単で丸洗いが可能です。洗浄時の死角がなく菌の温床がないため菌数管理の必要がなく高い安全性を確保できます。

世界で認められた冷凍技術

世界で認められた3Dフリーザー®︎

3Dフリーザーの冷凍技術は、世界各国で特許取得技術として認められています。

世界で認められた冷凍技術

実機でテスト冷凍/冷却能力を
ご確認いただけます。

3Dフリーザー®︎の実機で、実際に冷凍テストを行うことが出来ます。ご要望の検証機を貴社まで運搬して、ご用意いただいた貴社取り扱い食材を冷凍、冷却してみませんか?3Dフリーザー®︎の素晴らしい性能を是非ご体感ください。

詳しくはこちら

実機でテスト冷凍/冷却能力をご確認いただけます。

CONTACTお問い合わせ

製品に関してご不明点、冷凍/冷凍テストのご要望などございましたら、お気軽にご連絡ください。

営業時間:平日 10:00~17:00( 土日祝休み )

メールでのお問い合わせ